クラウドファンディングをはじめました。

SDGsに限らず、今起きているさまざまなマイナスの事象の

最たる理由は「無関心」だと思っています。

升が大きければ大きいほど、この度合いも高まりますよね。

だからこそSDGsというキーワードを用い、地域に関心を持ち、

集まり、行動してくれている22人の麻生区SDGs推進隊のメンバー

1人1人を心から尊敬しています。

専有から共有の時代へとシフトしていっている今の世に

フィットするかたちを<みんなで作る>そんなことが可能か、

世の中に問う形です。

クラファンの目的は、現在市民団体として活動してる、

小中学生が主役となり、自分たちの街を可視化する活動、

地域版のSDGsマップの作製や、インジケーターの設定。

こどもSDGsフォーラムの開催。

この仕組みを全国に広めていくために社団法人化させるための

費用をご支援頂きたいというお願いとなります。

今回、推進隊メンバーに

「推進隊に入って感じたこと、変わったことを教えてほしい」とLINEで送りました。

その中の一つ。

「どうせ子供だから誰も聞いてくれないだろうと諦めていたけど、

自分にもできることがある。」

これを見たときに思わず泣きました。

いろんな抑圧がある。

いろんな制限がある。

守るべき人がいて、守りたい人たちがいる。

その狭間で、子どもたちの心に

いつの間にか大人は何かを強いていないだろうか?

いろんな感情が頭の中で回りはじめ、この活動を始めて本当によかったと、

おもわずTシャツでベランダに出て、夜中に1人で泣く44歳(笑)

クラファン達成したら、推進隊のメンバーに約束したことがあります。

一つは、「みんなで一緒に会社の名前考えてほしい」ってこと、

メンバーがこの先18歳を過ぎた時に代表権を渡しますってこと。

誰かに言われてやるんじゃない。近い将来、未来を担う子どもたちに、

「どうせ」というあきらめが先行しない世の中を。

誰かに任せっぱなしにしない、自分たちで作っていく未来を。

どうかご支援と拡散のご協力をお願いいたします!12月17日まで実施します。https://readyfor.jp/projects/asaonosdgs

※本プロジェクトはall or nothing式であり、支援額未達の場合は全額返金されます。

今井雄也

<どうせ>のない世の中にするために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。