小田原市役所、SDGs担当部署との打合せ。

来年度に向けてサステナブルマップ、SDGs推進隊を麻生区以外でも展開するため

足使って回ってます。

人口は麻生区とほぼ同じ。

・小田原市18.7万人

・麻生区18万人。

面積は麻生区の5倍。

何より海、山、小田原城を含む史跡の数。これマップにしたら最高に面白いよなぁと

思いつつ、「これ運営協議会のトップが確実に食い付きますね」と仰って頂いた。

ここ最近SDGs未来都市周りをしていて思うのは、政令指定都市より、

単一行政の動きが早いってこと。

工数(承認ルート)が少ない分、当たり前と言えばそれまでなんだけど。

以前バイオマス事業をしていた時にも感じていたことだけれど、

後者は課題解決に向けたスピード感と、担当者の意気込みがその街の有り様を

写しているよなぁー、とあらためて思うわけです。

いつのまにか駅前の再開発が終わっていて、

滞在人口も変わりはじめてるそう。

いやー、ほんと小田原もやりたい!

小田原市 SDGs未来都市モデル事業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。