今日は麻生区SDGs推進隊活動3回目。

昨年度の一期生からも「こども食堂」ってワードが何度も出ていて。

大人もそうだろうけれど、いいことしてるって感覚で、

思考が止まってて(私がね)

実態がどうなのか、どうやって運営してるのか、

どんな問題があるのか。

⁡わかってるようでわかってない!!!

ということで!

サステナブルマップにも掲載して頂いているNPO法人アイゼンの

学生ボランティアの皆さんをお招きして、

こども食堂を始めた頃、問題、解決、そして発展と、

「へぇぇ、、、」と何度も頷きながらお話伺いました。

何より、推進隊の子どもたちと年が近いこともあり、

何の違和感もなくすんなりと大学生から小学生までが

一つの環境をごくごく自然に作り上げていく姿におじさん胸熱(笑)

近い将来、推進隊メンバーから

こども食堂の運営ボランティアをする者も出てくるのかもしれませんが、

こうやって少しずつでも今まで知らなかった人同士が繋がっていく、

そんな場を今後も作っていこうと決意新たに寝落ちしてました←今ここ。

いやほんと、

みんなパワーすごいんだもん(笑)

アイゼンの皆様、本当にありがとうございました!

で、こども食堂って実際どうやってるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。